alt1番目

賃貸の長所と短所

コスモス畑の中の家

新生活を始める際、一戸建てかマンションかで悩んでいる方が多く、どのようにして決めればいいか分からないという方もいるでしょう。 マンションの場合、管理費などを支払わなければなりませんが、一戸建ての場合は支払う必要がありません。さらにマンションは騒音の問題などがあり、あまり大きな音を立てたりすることができませんが、郊外など立地の良い一戸建てならば騒音の問題を気にすることなく、生活することができます。そのうえ一戸建てならば好きなようにリフォームすることができます。 マンションの場合にもリノベーションという方法がありますが、増築する等と言ったことはどうしてもできないため自由度の面では一戸建ての方が高いと言えます。

バブル経済期の一戸建て住宅の建設価格は、品質を吟味する事無く高額な建物が良い物とされ、ある輸入一戸建て注文住宅メーカーではスタンダード仕様の坪単価が100万円以上で販売されています。 バブル経済崩壊後は、一戸建て住宅の外観デザインだけでは無く、建築資材の品質や住宅設備のグレードなどにこだわる事で他社との差別化をはかり、建築価格の維持を試みる業者もありましたが、特にリーマンショック後は低価格化が進んでいます。特に円高を追い風に輸入建材を使用している建設業者は、低価格で高品質な住宅を販売してます。 しかし、アベノミクス以降は、1部の業種で経済状況が好転している事もあり、一戸建て住宅だけでは無くマンションの建設価格も高額物件と低価格物件の2極化が起きています。